リノベーションした日産バネットの「サンシー号」とともにおくるバンライフが、インスタグラム上で人気を博すYURIE。ノルモアヤセガレージはこの度、YURIEとコラボレーションし、サンシー(SUN-SEA)号ならぬ、「サンサン(SUN-燦)号」を製作することとなりました。


その様子をこちらにて「クルマツクル特集」として紹介していきます!


10月のローンチを目指すサンサン号。完成した暁には、アヤセノルモガレージのレンタカーシステムにて貸し出しも予定しています。さらには同じカスタム車を購入できるオーダーシステムも登場予定ですので、是非楽しみにお待ちください。


さて、vol.1となるこの日は、キックオフミーティング。

ノルモアヤセガレージのディレクターである岡本546とYURIEの打ち合わせの様子をお伝えいたします。



7月某日、颯爽とノルモアヤセガレージに到着したYURIE。

早速、当企画を執り仕切るディレクター岡本546とミーティングです。



最初こそ、真剣に方向性やスケジュールなどを話していましたが……

元々、知り合い仲の二人のためすぐに緊張感はなくなり、



髪を掻き上げたり、

爆笑したり。

終始、和やかなペースで進行!



YURIE「美味しいカレー屋さんあるんで今度食べ行きましょ!」

なんて脱線することもしばしば。



机上の空論では埒が明かない、ってなワケでサンシー号を覗き込み、作戦会議。



岡本546「これ、床と天井板張りして、棚を作って、間仕切りを作って、ベッドも設置して、外装まで自分で塗っているのね」

YURIE「いろんな人に手伝ってもらってすこしずつ完成しました」

岡本546「二人だと無理じゃね……?」

YURIE「546さん普段D.I.Y.しない?」

岡本546「本棚作ったくらい」

YURIE「やっぱ助っ人呼んじゃいますか!」



といったところで「vol.1 -キックオフ!-」はここまで。

助っ人とはいかに!?明らかになるのはvol.4にて。

次回は「車種選定!」編。
お楽しみに!

2022年7月13日 — NorMoAyaseGarage